一番かんたんなJava入門

これからJavaを始めようという人の為の超入門サイトです。丁寧、簡単にこだわった解説なので初心者にぴったりです。

eclipse?Pleiades?Java統合開発環境を用意

time 2013/03/15

 いよいよ本格的なJavaのコーディングに必須とも言えるeclipseを使えるようにしましょう。本格的であるが故、初めて見る人は意味不明だと思います。なのでダウンロードから使い方まで簡単に説明したいと思います。

sponsored link

Pleiadesのダウンロード

 eclipseというのはJavaだけじゃなくていろんなプログラム言語をコーディングする為のツールです。(テキストエディタの高性能版・・いやテキストエディタというレベルじゃない)

 そのeclipseを日本語化してくれるプラグインがPleiadesです。
 プラグインと聞くとなんだかややこしそうな匂いがぷんぷんしますが、実は「Pleiades All in One」というのがあって、それをダウンロードするだけで、簡単に日本語化されたeclipseを使えるようになります。

 なのでここは開発者に感謝の気持ちをこめて「Pleiades All in One」に甘えましょう。

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MergeDoc Projectで「Pleiades All in One」をダウンロード出来ます。無料です。驚異的にありがたいことです。とりあえず行ってみましょう。

pleiades1

上記の「これ」の部分、「eclipse 4.2 juno」というのがeclipseの最新バージョンです(2013年4月現在)。最新バージョンのバグ等も落ち着いたそうなので、これが入った「Pleiades All in One」をダウンロードしましょう。クリックして下さい。

pleiades2

 Javaのstandard editionをダウンロードします。32bit版と64bit版があるので、自分のOSに合った方を選んでクリックして下さい(bit数が分からない方は、コントロールパネル → システムを見て下さい)。ダウンロードしたzipファイルを展開します。展開するディレクトリは任意です。展開するだけで使えるようになります。結構時間がかかると思いますが。

 展開したフォルダ(pleiades-e4.2-java-32bit_20130303)を開いて、その中のpleiadesというフォルダを開いて、その中のeclipseというフォルダを開くと、「eclipse.exe」というのがあります。これがeclipseを起動するやつです。こんな奥深くに置いていたら、いちいち開くのが面倒くさいのでショートカットをデスクトップに置くようにしましょう。

eclipseを起動する

eclipseを起動させてみましょう。「eclipse.exe」をダブルクリックすると、初めにこんなウィンドウが開きます。

workspace

 ワークスペースというのは、eclipseで開くファイル等(プロジェクト)を置いておく為のフォルダです。指定したワークスペース以外の場所に置いてあるファイルはeclipseでは開けません。なので、まずはワークスペースを確保する必要があります。

 デフォルトでは、「../workspace」となっています。「../workspace」っていうのは、先ほど解凍したpleiadesのフォルダの中にある「workspace」というフォルダを指しています。特に理由がなければこのままでいいです。毎回起動する度にワークスペースの場所を確認されるのは面倒なので、「今後この質問を表示しない」にチェックを入れて、OKをクリックします(変更したければいつでも出来ます)。

新規プロジェクト作成する

では、さっそくeclipseを使ってプログラムを作ってみましょう。左上のファイルから、「新規」→「Javaプロジェクト」をクリック。

project

プロジェクトというのはプログラムを管理する単位で、今まで普通のテキストエディタで書いていたjavaファイルはもちろん、画像を使うようなプログラムなら画像ファイルなんかもセットで置いておくためのまとまりです。Javaプロジェクトをクリックすると、下の画面になります。

project2

プロジェクト名は「Hello」にしましょう(つんくとは関係ないですよ)。他はややこしいので触らない方が身のためです。。プロジェクト名だけ入れて「次へ」をクリックすると、

project3

またややこしい画面が出てきます。。が、ここも分けが分からない人は何も触らなくていいです。完了をクリックしましょう。
すると、左上の「パッケージエクスプローラー」のところに「Hello」というプロジェクトが出来ていますね。それを開くと、「src」というフォルダがあります。「src」というのは「source」の略で、自分で書いたソースファイル(javaファイル)を保存するフォルダです。なので、srcフォルダの中にクラス(javaファイル)を作ります。「src」を右クリック→新規→クラスとして下さい。

project4

すると新規クラスを作る為の設定画面が出てきます。
project5
 上から順番に見て行きましょう。
 ソースフォルダーというのは、このクラスを作る場所(保存する場所)です(正確にはパッケージを保存する場所。クラスはそのパッケージの中に保存されます)。さっき、Helloプロジェクトの中のsrcを右クリックして新規クラスを作るようにしたので、勝手に「Hello/src」になっていますね。
 パッケージというのは、複数の関連するクラスを一まとめにする為のフォルダみたいなものです。規模の大きなプログラムになると大量のクラスを作ることになるのでパッケージでまとめておく方が何かと便利なのですが、今回はあくまで練習なので、とりあえず何も書かずに空けておきましょう。何も書かずにクラスを作成するとデフォルトパッケージというパッケージが勝手に作られてその中にクラスが作られます。一番上に「デフォルトパッケージは推奨されません」とご丁寧に書いてくれていますが、まあ大丈夫です。どうしても推奨されていないようなことはしたくないという人は、なんでもいいのでパッケージ名をつけてくれてもOK。
 エンクロージング型というのは、・・・またの機会に。チェックは入れないで下さい。
 名前というのがありますが、これはクラス名を書くところです。やっと馴染みのあるのが出てきてくれました。クラス名は「Hello」にしましょう。頭文字を大文字にするのを忘れずに。
 修飾子というのはこのクラスの修飾子です。今までテキストエディタでクラスを書いていた時も初めに「public class Hello」と書いていましたよね?いろいろ選ぶのがありますが、とりあえず「public」にしておいて下さい。
 スーパークラスは、触らなくていいです。「java.lang.Object」のままにしておきましょう。スーパークラスというのは継承するクラスのことで、『Helloクラスは「java」パッケージの中の「lang」パッケージの中の「Object」クラスを継承して作ります。』と設定しているのですが、ちょっと何言ってるか分からない人は無視しましょう。
 インターフェイスは、何も書かなくていいです。
 どのメソッド・スタブを作成しますか?と聞かれていますが、mainメソッド「public static void main(String[] args)」にチェックを入れましょう。ここにチェックを入れることで、mainメソッドを書いた状態でクラスが作られます。それだけのことです。
 コメントを追加しますか?ということですが、別に要らないのでチェックはしなくて大丈夫です。
 というわけで、クラス名と、mainメソッドのチェックだけ入れて、完了をクリックしましょう。パッケージエクスプローラーを見て下さい。「Hello」プロジェクトの中の「src」フォルダの中に、「デフォルトパッケージ」というフォルダがあって、その中に「Hello.java」(Helloクラス)がありますね。そして、真ん中の一番大きな枠に「Hello.java」の編集画面が出ていると思います。

project6

 こんな感じですね。ちゃんとHelloクラスの中にmainメソッドも自動的に書いてくれています。コメントがうっとおしい人は消しても構いません。僕はいつも消します。

eclipseでコンパイル&実行

 では、作ったHelloクラスをさっそく動かしてみましょう。といってもまだ何も中身を書いていないのでこのまま実行しても何も起こりませんので、「Hello,eclipse!」と画面に出力するだけのプログラムに仕上げましょう。mainメソッドの中に、

System.out.print("Hello,eclipse!");

と書くだけですね。コードを書く時にこのeclipseの便利さをまず実感できると思います。「System.」まで書くと勝手にwindowが立ち上がって次に続けられる候補がずらっと表示されます。その中から「out」をダブルクリック、そしてまた「.」だけ入力するとまた、ずらっと候補が出てきます。「print」と入力したいので「p」だけ入力すると、頭文字が「p」のメソッドがずらっと出てきます。その中から引数にStringを入れる「print(String s)」を選びます(実際は引数に関係なくprintメソッドならどれでもOKです)。(こんな風にeclipseは、既に定義してあるメソッド等は全部認識してくれています。自分で作ったクラスやメソッドも認識してくれます。使えば使うほど実感すると思いますが非常に有能な助手として動いてくれます。)そして、自動入力された引数の「s」の部分を”Hello,eclipse!”に書き換えましょう。するとこんな状態ですよね?

eclipse1

 今書いたコードの行の左端に赤い×印がついていますよね?右端にも赤い印がついています。そしてコードの最後の「)」の下に赤い波線。これは「ここはコンパイルエラーになりますよ」と教えてくれている印なんです。なんとeclipseはコンパイルエラーを常時チェックしてくれているので、コードが不完全な(コンパイルできない)状態だとこうやって教えてくれます。このコンパイルエラーの原因は分かりますよね?「;」セミコロンが抜けているからです。なのでちゃんと「;」セミコロンを入れると、コンパイルエラーを示す印たちは奇麗さっぱり消えます。これでコンパイル可能な状態になりました。
 では、さっそくコンパイルしましょ・・・、実はeclipseはコンパイル自体も勝手にしてくれます。コマンドプロンプトでいちいちコンパイルコマンドを打ち込むことを思えば楽ちんですね。このクラスを実行するには、「パッケージエクスプローラー」の「Hello」プロジェクトを右クリック→実行→Javaアプリケーションとするだけです。

eclipse2

実行する時は、「Hello.java」を右クリックして実行するのではなく、「Hello」プロジェクトを右クリックして実行するようにして下さい。
 実行したら、下の方の枠の「コンソール」というところに「Hello,eclipse!」と出ました。パチパチパチ。例によって愛想のないプログラムですが、ちゃんと動いていますね。
 eclipseの機能はとても素人には使いこなせないほど多機能ですが、とりあえずクラスを書いて実行するやり方さえ分かれば、普通に使えるはずです。次回からはeclipseの便利な機能も説明しながら、ちょっと高度な、オブジェクトを作るプログラムを書きたいと思います。

sponsored link

Androidアプリを作ろう

コメント

  • ホームページを参考にしながらeclipse?Pleiades?Java統合開発環境を用意をみてeclipseを起動するところでeclipse.exeがないです    教えてください

    by テラシマ €2015/03/20 13:48

  • >>テラシマさん
    拡張子を表示する設定になっていなければ単にeclipseと書いてあるはずですよ
    丸いアイコンが目印になるかと

    by 匿名 €2015/03/20 20:01

  • eclipseの初回起動時には-cleanがついてる方を選択するべきではないでしょうか?
    少なくともreadmeにはその旨が書かれているため、初心者を混乱させがちな部分として記載が欲しかったです。

    by 匿名 €2015/04/29 16:06

  • 申し訳ない。。

    by Nobuo@管理人 €2015/04/29 22:12

  • 現在最新版であるpleiades-e4.5-java_20151002をデスクトップに解凍しようとしたところ、一部ファイル名が長すぎて正常に解凍できませんでした。Cドライブ直下に解凍すればこの問題を回避できるようなので、その旨を記載した方がよいと思います。

    by 匿名 €2016/01/05 22:40

  • pleiadesのダウンロードのところで、Javaのstandard edition 32bit版のファイルがどのバージョンにいってもNotFoundになってしまい、ダウンロードできません。

    by 32bit €2016/01/08 16:45

down

コメントする



CAPTCHA


一番かんたんなJava入門

Androidアプリの作り方

忘備録

私の作ったAndroidアプリ

私の作ったWordPressテーマ

プロに教わるオンライン学習

管理人

Nobuo_CREATE

Nobuo_CREATE

WordPressテーマPrinciple、マテリアルを作ったり、Androidアプリを作ったり、Java入門サイトを作ったり、本を書いたりしています。どうぞよろしく。 [詳細]



sponsored link

オススメ書籍

[オススメpoint]

 この本は全く何も分からない初心者の方にお勧めです。プログラミングをするには覚えなければならない事が無茶苦茶いっぱいありますが、この本は教えてくれる順番、その構成が素晴らしいです。RPGのゲームを作るというストーリーにのっとってちょっとずつ難しいことを教えてもらえます。
 無機質で膨大なデータが載っているような本は読む気にならないという方は、こういうストーリー仕立ての本でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(注:RPGを作る為の本ではありません。)

[オススメpoint]

 ある程度、Javaを読み書きできるようになったら、オブジェクト指向について学ぶべきです。本書は、抽象的で分かったような分からんようなオブジェクト指向について、非常に分かりやすい例を出して説明してくれています。オブジェクト指向とは何なのか?という本質を掴むのにこれほど適した本はないと思います。オブジェクト志向の理念を理解できれば、より効率のいいコードをより楽に書けるようになるはずです。Java上級者を目指すなら必読の一冊!

只今、急拡大中

ゲームを作りたい人専門

個人フットサル予約サイト

ガチ専門

JavaからのRuby on Rails入門

JavaからのRuby on Rails入門