一番かんたんなJava入門

これからJavaを始めようという人の為の超入門サイトです。丁寧、簡単にこだわった解説なので初心者にぴったりです。

【Java】 メンバメソッドって何? thisの意味

time 2013/06/24

sponsored link

メンバメソッドとは?

 前々回の【Java】オブジェクトって何?で、Humanクラスを書いて、それをnewすることでHumanオブジェクトを作りました。Humanクラスはこんなのでした。

Human.java

public class Human{
	String name;
        int birthday;
}

 このクラスから作られたインスタンスはnameとbirthdayというパラメータを持っています。言い方を変えると、Humanクラスのメンバはnameとbirthdayの二つです。今回はここにメンバを追加していきたいと思います。nameとbirthdayは変数(パラメータ)ですが、今回新たに追加するメンバはメソッドです。変数でもメソッドでもそのクラスのメンバの一員です。変数はそのオブジェクトのパラメータを表すのに対して、メソッドはそのオブジェクトの振る舞いを表します。
 人間なら誰でも何かしら食べますよね。ということでHumanオブジェクトの振る舞いとして、eat()メソッドを追加します。

Human.java

public class Human{
	String name;
        int birthday;
        void eat(){}
}

 出来ました。このメソッドは戻り値を返さないようにするので「void」をメソッド名の前につけて、「eat( )」その後ろに{ }波かっこを書きます。これはメソッドの定義の形ですね。その波かっこの中にこのメソッドの内容を定義するんでした(参考:【Java】 メソッドの定義と呼び出し)。今までメソッドを定義する時は必ず「static」をつけていましたが、ここでは要りません。なぜか?このメソッドはstatic(静的)ではないからです。・・説明になってないですよね。これ非常に重要なポイントなのでまたの機会に詳しい説明をするのでここではとりあえず『eat()メソッドはstaticなメソッドではない』と思っていてください。
 eat()メソッドの中身は今のところ何も定義していません。まずはこの形を理解してください。これでこのHumanクラスは3つのメンバを持つことになりました。変数nameとbirthday、それにeat()メソッドです。
 さらにもう一つメンバを追加します。満腹度を示すパラメータです。満腹度は整数で表すことにしますのでint型の変数「manpukudo」をメンバに追加しましょう。名前がかっこ悪くて申し訳ないです。。いい英語が思いつかないので日本語で行きましょう。

Human.java

public class Human{
	String name;
        int birthday;
        int manpukudo;

        void eat(){}
}

 メンバ変数とメンバメソッドは分けて書いた方が見やすいので、上の方にメンバ変数はかためて書いておきましょう。さらに間を一列空けて書いたりしたら見やすくてGood。

メンバメソッドを定義する

 ではHumanクラスのメンバメソッドであるeat()メソッドを定義していきます。食べたらお腹が満たされるので、eat()メソッドが実行されると満腹度を表す「manpukudo」の数値が上がるようにします。なんぼ上がるかって?とりあえず適当に60上がることにしましょう。単位とか余計なことは考えずに。w

Human.java

public class Human{
	String name;
        int birthday;
        int manpukudo;

        void eat(){
               this.manpukudo += 60;
        }
}

 はい、出ました。「this」です。初心者を苦しめるやつです。と言ってもそんな大したことないのでサクッとやっつけましょう。
 「this」は日本語で「これ」とか「この」という意味なのですが(う、うん)、この場合分かりやすく意訳すると「このインスタンス」という意味です。そして「.」を強引に日本語に訳すと「の」という意味です。つなげて「this.」で「このインスタンスの」という意味になります。つまりこのeat()メソッドの定義部分を日本語にすると「このインスタンスの満腹度を60上げる」ということです。
 案ずるより生むが易し。実際やってみましょう。
 Humanクラスは上記のように4つのメンバを持った状態です。mainメソッドを持つHumanTestクラスでこのHumanクラスをインスタンス化して実際にeat()メソッドも使ってみます。ここからはHumanTestクラスですよ。ごっちゃにならないように。

HumanTest.java

public class HumanTest{
	public static void main(String[] args){
		Human human = new Human();
                human.name = "ノブオ";
                human.birthday = 19770101;

                Human human2 = new Human();
                human2.name = "アヤネ";
                human2.birthday = 20110101;

                human.eat();   //ノブオ1回目の食事
                human.eat();   //ノブオ2回目の食事

                human2.eat();  //アヤネ1回目の食事
	}
}

 前回メンバ変数へのアクセスの仕方でやりましたが、メンバにアクセスするには、

オブジェクトを表す変数名.メンバ

この形でした。これはメンバ変数であろうと、メンバメソッドであろうと同じです。「human.eat()」でノブオさんが食事したことになります。同じく「human2.eat()」でアヤネさんに食事させたわけです。上記ではノブオさんは2回も食事しています。アヤネさんは1回です。さて、それぞれの満腹度はどうなっているでしょうか?出力してみましょう。

HumanTest.java

public class HumanTest{
	public static void main(String[] args){
		Human human = new Human();
                human.name = "ノブオ";
                human.birthday = 19770101;

                Human human2 = new Human();
                human2.name = "アヤネ";
                human2.birthday = 20110101;

                human.eat();   //nobuo1回目の食事
                human.eat();   //nobuo2回目の食事

                human2.eat();  //ayane1回目の食事

                System.out.print(human.name + "の満腹度:");
                System.out.println(human.manpukudo);
                System.out.print(human2.name + "の満腹度:");
                System.out.println(human2.manpukudo);
	}
}

 これで実行すると、

eat1

 こうなります。
 ノブオさんは2回食事したので満腹度が120になっています。アヤネさんは1回だけなので満腹度60です。それぞれのインスタンスごとに満腹度というパラメータを持っていて、それぞれのeat()メソッドを実行することで、それぞれの満腹度を+60しているわけです。Humanクラスのeat()メソッドを定義する時に使った「this.manpukudo += 60」の意味が分かりますよね?

メンバ変数の初期値

 ところで、2回食事をしたノブオが120で、1回食事をしたアヤネが60ということは、メンバ変数manpukudoの初期値は「0」だったということが分かりますね。変数manpukudoは宣言はしましたが初期化していませんでした。このように、メンバ変数(パラメータ)を初期化せずにそのクラスをインスタンス化した場合、int型の変数は「0」で初期化されるというルールがあります。boolean型のメンバ変数は「false」、String型はのメンバ変数は「null」(”空っぽ”の意)で初期化されます。なので、manpukudoの初期値は「0」なんです。そしてnameとbirthdayはインスタンスを作った時点では「null」と「0」なのですが、「human.name = “ノブオ”;」「human.birthday = 19770101;」でそれぞれの値を後から書き換えているわけです。
 しかし、名前と生年月日って後から書き換えたりするのっておかしいと思いませんか?生年月日なんて途中で変わること絶対ないでしょうし。。インスタンスを作る時点で、そのインスタンスが一体誰を表すものなのか?その人間の生年月日はいつなのか?は決まっているはずです。名無しのインスタンスを作ってから名前と生年月日を入力するのではなく、できることなら初めから、「ノブオという1977年1月1日生まれの人間」を表すオブジェクトを初期状態として作れたら一番いいと思いませんか?
 それが実は簡単にできるんです。コンストラクタというのを使えば、インスタンスの初期状態を自由に操ることができます。次回、「コンストラクタについて」で解説します。

sponsored link

Androidアプリを作ろう

コメント

  • 初めまして。いつも勉強させてもらってます。

    この例でthisを用いずに実行するとどうなるのでしょうか?

    by 瀧川 €2015/11/13 11:47

  • thisは省略しても問題ないことがほとんどです。
    同じスコープ内に同名のローカル変数や仮引数がなければ。

    thisを付けることで、インスタンスのフィールドを表す変数であることが分かるので省略しない方が可読性は上がると思います。

    by Nobuo@管理人 €2015/11/13 12:20

down

コメントする



CAPTCHA


一番かんたんなJava入門

Androidアプリの作り方

忘備録

私の作ったAndroidアプリ

私の作ったWordPressテーマ

プロに教わるオンライン学習

管理人

Nobuo_CREATE

Nobuo_CREATE

WordPressテーマPrinciple、マテリアルを作ったり、Androidアプリを作ったり、Java入門サイトを作ったり、本を書いたりしています。どうぞよろしく。 [詳細]



sponsored link

オススメ書籍

[オススメpoint]

 この本は全く何も分からない初心者の方にお勧めです。プログラミングをするには覚えなければならない事が無茶苦茶いっぱいありますが、この本は教えてくれる順番、その構成が素晴らしいです。RPGのゲームを作るというストーリーにのっとってちょっとずつ難しいことを教えてもらえます。
 無機質で膨大なデータが載っているような本は読む気にならないという方は、こういうストーリー仕立ての本でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(注:RPGを作る為の本ではありません。)

[オススメpoint]

 ある程度、Javaを読み書きできるようになったら、オブジェクト指向について学ぶべきです。本書は、抽象的で分かったような分からんようなオブジェクト指向について、非常に分かりやすい例を出して説明してくれています。オブジェクト指向とは何なのか?という本質を掴むのにこれほど適した本はないと思います。オブジェクト志向の理念を理解できれば、より効率のいいコードをより楽に書けるようになるはずです。Java上級者を目指すなら必読の一冊!

只今、急拡大中

ゲームを作りたい人専門

個人フットサル予約サイト

ガチ専門

JavaからのRuby on Rails入門

JavaからのRuby on Rails入門